Support and Meet Camp Sizanani in South Africa!

Support and Meet Camp Sizanani in South Africa!

From Haruna Komatsu

Camp Sizanani provides HIV/AIDS prevention education and lots of fun activities for kids in Soweto, South Africa. Support Camp Sizanani and Experience the most energetic Camp in the world!

Support this campaign

Subscribe to follow campaign updates!

Recent Updates

Update #16

about 12 hours ago

67 Hours Left! Thank you for all your support, we reach our goal!!!!!!!!
残り67時間になりました!みなさまのサポートのおかげで、目標金額達成しました!ありがとうございます。

キャンプはローカルの力で支えられています。
Camp is made by local power.

私は大学を卒業した後、日本のある大手小売企業で4年間勤めました。4年間、3店舗でそのお店で働いているパートさんたちのマネジメントなどを行なっていました。
I worked for retail company, mainly managing part timers for 4 years. I moved 2 times, commit in 3 stores.

学生の頃は、私は海外によく行っていた印象が強かったせいか、
その企業と私のイメージが合わないらしく
よく、なぜその会社?と周りの人、会う人に聞かれていました。
People often asked me, ‘why do yo work there? Did you really want to work there?’ because me working in the company didn’t match with their impression of me, who like going abroad.

その会社で働きたいと思ったのは、
ローカルの人たちと一緒に働きたかったからです。
そして、ローカルの人たちと一緒にその地域の人の生活に貢献出来たらなと思っていました。
The reason why I wanted to work there is that I wanted work with local people and contribute to development of the area with them.

私は、学生時代アフリカでは現地のNGOで各2か月ボランティアを行いました。
観光地や娯楽はほどんどなかったですが、そこで会った現地の人の明るさのおかげでとてもたのしい日々を送ることができました。現地の人たちから「働きたい」という話も何度か聞きました。こんなに明るい人たちが働いたら、その地域もその人たちももっといい場所になっていくんだろうなと思いました。
When I was a student, I volunteered for local NGO in African countries.
During my stay, I heard ‘I want to work’ many times. I thought the area will be more better if this beautiful people get a job.

私が育ったキャンプは、学校のお母さんたちにより成り立つ青少年育成委員会によって運営されるキャンプです。そしてそのキャンプで育った地元の子供たちがリーダーになっていくキャンプです。
今でも実家に帰ると、自転車でキャンプ仲間の家にいってバーベキューをします。
The camp I grew up is run by youth development committee with mothers who live in the area. All counselors grew up in the Camp.
Even now, I often hang out with my Camp friends when I go back to my hometown.

私は昨年の夏に、アメリカミシガン州のサマーキャンプで働いていました。
キャンプ場には、キャンプリーダーだけでなく
キッチンスタッフや施設管理のスタッフもはたらいています。
そのスタッフのほとんどが、ミシガン州のちいさな田舎町レキシントンに住んでいる地元の人たちです。
あるキッチンスタッフは、家庭の事情から仕事にブランクがありました。
最初は自分は再び働けるのか不安だったが、子供たちの笑顔に元気をもらいながら仕事が楽しいと言っていました。

I worked for summer camp in Michigan, the United States. In Camp, employers are not only counselors but also kitchen staff, maintenance staff...most of them are from Lexington, small town in Michigan.
One kitchen staff told me she had not worked for a long time because of family matter.
She wasn’t sure she could work again but camper’s smile made her job delightful.

Camp Sizananiの南アフリカ事務所は、すべて南アフリカ人によって運営されています。
キャンプリーダーたちは、キャンプでの仕事を通してお給料をもらっています。
(海外から参加する私のようなキャンプリーダーは、ボランティアです)
Camp Sizananiでリーダーとして働くということは、
トレーニングをうけ、キャンプ中も活動報告を毎日提出し、ディレクターから活動のフィードバックをもらい、、とリーダー自身の成長にも大きくつながります。
Camp Sizanani office in South Africa is run all by South African staffs. Counselors get paid by Camp Sizanani. (International counselor like me work for volunteer.)
Counselors take 4 days training before camp, handing in report every day during camp, and get feedback from camp director. Working in Camp Sizanani improve counselors themselves.

キャンプリーダーや子供たちはは、それぞれの職場や学校、家庭に戻ってからも
キャンプで学んだことを活かして周りにも刺激を与えていきます。
Camp Sizananiはキャンプに来ている子供たちだけでなく
リーダーたち、そしてそのコミュニティにもインパクトを与えているのです。
Counselors and campers live with what they learned in Camp Sizanani after going back to workplace, school and home. That means Camp Sizanani provide positive impact to campers, counselors, and their local community.

地元の人たちの力で成り立っているCamp Sizanani
キャンプを通して、地域に素晴らしい力を還元しています。
そしてその力が、さらにキャンプにエネルギーを送り込む。。。
そんなミラクルともいえるサイクルの一部を見てみませんか?
Camp Sizanani is made by local people. They bring great energy to their community. The energy is getting bigger in there, then bigger energy come back to Camp Sizanani...Don&t you want to know this beautiful circle of Camp SIzanani?

いただいた募金はすべてCamp Sizananiに寄付します。
I will donate all money I raised in this project.

最後まで読んでいただきありがとうございます。残り67時間、どんどん長くなっている気がする私の話に、お付き合いのほどよろしくお願いします。

More Info

Check Camp Sizanani, the most energetic camp in the world, run by Global Camps Africa ! https://www.globalcampsafrica.org/

水泳、工作、スポーツ、ハイキング、、朝から忙しく全力で遊んだ後の夜ご飯の時間。

今日のあったことをグループのリーダーに報告しながら、子供たちはご飯をむしゃむしゃ頬張ります。

すると突然、キャンプディレクターがいきなり立ち上がり、歌を歌い始めました。

子供たちもつられて歌に続き、ハーモニーを付けだす子供や太鼓をたたきだすリーダー、気づけばみんな立ち上がりダイニングホールは歌と踊りの熱気に包まれました。

Campers finally reached to dinner time after lot of fun activities like swimming, sports, craft, hiking and many. They shared their favorite activity and funny stories with their counselors and enjoyed their meal.

Suddenly, Camp director stood up and started singing. Campers followed him, starting harmonizing and other counselor started drumming! Dining hall was filled with tons of energies with singing and dancing.

Camp Sizanani(キャンプ シザナニ)は、アメリカのNGO Global Camps Africaによって運営されているキャンプです。Global Camps Africaは南アフリカのソウェト地区の子供を対象に15年間、年3回、各140人の子供が参加する7日間のキャンプCamp Sizananiと、隔週土曜日にデイキャンプKids Clubを運営してきました。

Camp Sizananiでは、子供たちは、HIV/AIDS予防教育を受け、水泳やクラフト、スポーツ、演劇、ハイキングなど様々なアクティビティを全力で楽しみます。「仲間と協力すること」「新しいことに挑戦すること」「今ある環境で与えられた課題を解決すること」等、人生をポジティブに生きていくために必要なスキルを学びます。

Global Camps Africa run Camp Sizanani three times per a year for 15 years. 140 vulnerable children have participated in Each Camp. In Camp Sizanani, children learn HIV/AIDS prevention and crucial life skill like ‘Corporation’ ‘Challenge’ ‘Solving problems’ through swimming, sports, craft, theater, hiking.

南アフリカは人口の19%がHIVに感染している、世界で1番HIV感染率が高い国です。UNAIDSによると、南アフリカでは2015年にはAIDSによって180,000人が命を落とし、2.100万人のエイズ孤児が暮らしています。

また、南アフリカの平均寿命は57.44歳です。死因はAIDSに限らず病気(結核など)や事故など様々ですが、身近な大切な人を亡くす経験をしている子供が多いのも現実です。

According to UNAIDS, South Africa has the largest HIV epidemic in the world, with 19% of the global number of people living with HIV. In 2015, there was 180,000 due to AIDS and 2.1 million orphaned children (aged 0-17) living in South Africa who lost their parents to AIDS.

Furthermore, life expectancy in South Africa is short, 57.44 years old. It is not just because of AIDS, but also other cases like tuberculosis, traffic accident etc. This means, there are many children who had lost someone who was close to them.

Camp Sizananiでは、1日に1時間HIV/AIDS予防教育を行うだけでなく水泳や工作、イニシアチブゲームなどを通して子供たちの自信や自主性につながる体験を提供します。

子供たちは自信や自主性をつけることで、恋愛関係やHIV感染の予防が必要なシーンでしっかり自分の意見を主張できるようになります。

また、HIV/AIDS予防教育が行われるライフスキルの時間では、キャンプ中には身近な大切な人を亡くした体験を共有時間も設けられます。そこで子供たちは普段は話す機会のない、それぞれの思いや悲しみと、キャンプで出来た信頼できる仲間と共に向き合っていきます。

In Camp Sizanani, campers learn not only HIV/AIDS prevention, but also self-esteem and autonomy through activities like swimming, craft and initiative games.etc..

With this self-esteem and autonomy, they can stand on right attitude when they face a situation which they need HIV prevention.

In Life skill session, which camper learn HIV prevention, campers share their experience of losing their close persons. They face their grief with their camp friends, who share lots of precious time during camp.

私は201410月に1Sizananiにレクリエーションゲームを教えるチームの一員としてCampSizananiに参加しました。そこで、水泳をしたことがなかったけど泳げるようになった子、みんなの前できれいな歌声を披露した子、キリンを人生で初めてみた子、初めて親元を離れた子、、沢山のキラキラした笑顔と充実した経験を目撃することができました。

I worked in Camp Sizanani as adventure team (mainly leading recreation/initiative games) in 2014. I witnessed many scenes which children overcame their fear, done what I have never done before and expressed themselves in front of others. Camp Sizanani filled with beautiful faces and songs.

私は、南アフリカだけでなく他のアフリカの国(ナイジェリア、ボツワナ)で子供たちと時間を過ごしたことがあります。子供たちは兄弟の面倒を見たり、家事を手伝ったり、家庭の中で「大人の役割」を日本よりも多くになっている印象を受けました。

I have been to other African countries, Nigeria and Botswana and seen many children who play adult role in their house, taking care of their siblings and helping house work a lot. 

そんな子供たちが、キャンプSizananiに参加し、7日間こどもとして思いっきり遊ぶことで学べる時間は、彼らの今後の人生においてポジティブな影響を与えていくと強く感じてます。

In Camp, children can be "kids" in every moment and learn many things.  The experience will impact children's life positively.

今年20183月に、もう1Sizananiに参加します。

Sizananiの活動を少しでも多くの方に知ってもらいたくてファウンドレイジングを行うことを決めました。

I am going to join Camp Sizanani in this March again and I would like to raise money to bring more kids to Camp Sizanani because I really want more people to know Camp Sizanani!

キャンプの様子をブログにまとめています。

https://ameblo.jp/ginger-joy/entry-11939799180.html

US$1000Sizananiに送ることで、1人の南アフリカのこどもが7日間のキャンプと通年行われているキッズクラブに1年間定期的に行けることになります。

Donateのボタンをクリックすると、募金額別に何に使うことができるのかをみることができます。

募金に協力していただいた方には、今年のキャンプの様子や

子供たちからのお礼のメッセージを送らせていただきます。

If you click DONATE bottom, you can see the detail how you can support Camp Sizanani.

I will share Camp Sizanani in March-April 2018 and thank-you message with all donors.

ここまで読んでいただきありがとうございます。ご協力よろしくお願いします。

I appreciate your time to read through my massage and corporation!

 

 

Love

Haruna

Campaign Wall

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Help Haruna raise $1,000 by making a donation.

Choose A Giving Level

Haruna Komatsu posted a new update:
about 12 hours ago

Update #18

67 Hours Left! Thank you for all your support, we reach our goal!!!!!!!!
残り67時間になりました!みなさまのサポートのおかげで、目標金額達成しました!ありがとうございます。

キャンプはローカルの力で支えられています。
Camp is made by local power.

私は大学を卒業した後、日本のある大手小売企業で4年間勤めました。4年間、3店舗でそのお店で働いているパートさんたちのマネジメントなどを行なっていました。
I worked for retail company, mainly managing part timers for 4 years. I moved 2 times, commit in 3 stores.

学生の頃は、私は海外によく行っていた印象が強かったせいか、
その企業と私のイメージが合わないらしく
よく、なぜその会社?と周りの人、会う人に聞かれていました。
People often asked me, ‘why do yo work there? Did you really want to work there?’ because me working in the company didn’t match with their impression of me, who like going abroad.

その会社で働きたいと思ったのは、
ローカルの人たちと一緒に働きたかったからです。
そして、ローカルの人たちと一緒にその地域の人の生活に貢献出来たらなと思っていました。
The reason why I wanted to work there is that I wanted work with local people and contribute to development of the area with them.

私は、学生時代アフリカでは現地のNGOで各2か月ボランティアを行いました。
観光地や娯楽はほどんどなかったですが、そこで会った現地の人の明るさのおかげでとてもたのしい日々を送ることができました。現地の人たちから「働きたい」という話も何度か聞きました。こんなに明るい人たちが働いたら、その地域もその人たちももっといい場所になっていくんだろうなと思いました。
When I was a student, I volunteered for local NGO in African countries.
During my stay, I heard ‘I want to work’ many times. I thought the area will be more better if this beautiful people get a job.

私が育ったキャンプは、学校のお母さんたちにより成り立つ青少年育成委員会によって運営されるキャンプです。そしてそのキャンプで育った地元の子供たちがリーダーになっていくキャンプです。
今でも実家に帰ると、自転車でキャンプ仲間の家にいってバーベキューをします。
The camp I grew up is run by youth development committee with mothers who live in the area. All counselors grew up in the Camp.
Even now, I often hang out with my Camp friends when I go back to my hometown.

私は昨年の夏に、アメリカミシガン州のサマーキャンプで働いていました。
キャンプ場には、キャンプリーダーだけでなく
キッチンスタッフや施設管理のスタッフもはたらいています。
そのスタッフのほとんどが、ミシガン州のちいさな田舎町レキシントンに住んでいる地元の人たちです。
あるキッチンスタッフは、家庭の事情から仕事にブランクがありました。
最初は自分は再び働けるのか不安だったが、子供たちの笑顔に元気をもらいながら仕事が楽しいと言っていました。

I worked for summer camp in Michigan, the United States. In Camp, employers are not only counselors but also kitchen staff, maintenance staff...most of them are from Lexington, small town in Michigan.
One kitchen staff told me she had not worked for a long time because of family matter.
She wasn’t sure she could work again but camper’s smile made her job delightful.

Camp Sizananiの南アフリカ事務所は、すべて南アフリカ人によって運営されています。
キャンプリーダーたちは、キャンプでの仕事を通してお給料をもらっています。
(海外から参加する私のようなキャンプリーダーは、ボランティアです)
Camp Sizananiでリーダーとして働くということは、
トレーニングをうけ、キャンプ中も活動報告を毎日提出し、ディレクターから活動のフィードバックをもらい、、とリーダー自身の成長にも大きくつながります。
Camp Sizanani office in South Africa is run all by South African staffs. Counselors get paid by Camp Sizanani. (International counselor like me work for volunteer.)
Counselors take 4 days training before camp, handing in report every day during camp, and get feedback from camp director. Working in Camp Sizanani improve counselors themselves.

キャンプリーダーや子供たちはは、それぞれの職場や学校、家庭に戻ってからも
キャンプで学んだことを活かして周りにも刺激を与えていきます。
Camp Sizananiはキャンプに来ている子供たちだけでなく
リーダーたち、そしてそのコミュニティにもインパクトを与えているのです。
Counselors and campers live with what they learned in Camp Sizanani after going back to workplace, school and home. That means Camp Sizanani provide positive impact to campers, counselors, and their local community.

地元の人たちの力で成り立っているCamp Sizanani
キャンプを通して、地域に素晴らしい力を還元しています。
そしてその力が、さらにキャンプにエネルギーを送り込む。。。
そんなミラクルともいえるサイクルの一部を見てみませんか?
Camp Sizanani is made by local people. They bring great energy to their community. The energy is getting bigger in there, then bigger energy come back to Camp Sizanani...Don&t you want to know this beautiful circle of Camp SIzanani?

いただいた募金はすべてCamp Sizananiに寄付します。
I will donate all money I raised in this project.

最後まで読んでいただきありがとうございます。残り67時間、どんどん長くなっている気がする私の話に、お付き合いのほどよろしくお願いします。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
1 day ago

Update #17

ズール語講座。Ageru? 「だよね?」(語尾につけます)
You bring your teeth blush, ageru? (歯ブラシ持ってきたんだよね?)

「だよね?」という意味を込めて、英語でも'right?'と語尾に着けることがありますよね。ちなみに、私が今滞在しているカナダでは 'eh?'です。
ナイジェリアでは、 'abi?'です。
英語でも'right?'以外に表現があった気がします。他の表現知っている方がいたらぜひ教えてください!

Today's Zulu Lesson: Ageru?
Ageru uses at the end of sentence and has same meaning 'right?' in English, 'Eh?' in Canadian, 'abi?' in Nigerian Yoruba.
You know any other words for ageru? Share your Ageru with me please!

キャンプキャンプと今まで語ってきましたが
日本でも、Camp Sizananiのように子供たちにポジティブな影響を与えているキャンプが沢山行われています。
今日は、日本で障害のある子供を対象にキャンプをしている友人から
印象に残っているこどもの話をいただきました。
I've been talking about Camp so much. In Japan, there are lots of camps which give camper positive impact.
I get one story from my friend, who get involved in special needs camp in Japan.

――――――――――――――――――
キャンプは誰にとっても楽しめて自分の居場所となりえます。
それはスペシャルニーズ(障がい、病気、心の病、不登校、あらゆる依存症など)のある方も同様で
キャンプは人生を明るく生きるため、楽しむための有効な手段です。
Camp is place where anyone can belong and have fun.
Anyone includes,children who has Special Needs, who need particular help/care resulting from learning difficulties, physical disability, or emotional and behavioral difficulties.
Camp teaches us how to make our life positive and fun.

あるダウン症の青年と10泊11日のキャンプを5年以上続けていました。
彼はキャンプでいつも同じ場所に同じポーズで座り、その場所で動かずに過ごします。
言葉での表現はほぼ無いに等しく、移動は行きと帰りのバスまでを歩くくらい。
そのためみんなでキャンプファイアーや登山もやりませんでした。
There is a boy with down syndrome who has been 11days camp for more than 5 years.
He spent his time with sitting in the same spot with same pause. His camp days passed with the sitting. He barely spoke words, and walked only from facility to bus and bus to facility. He didn't participate even in camp fire and climbing.

そんな彼の5年目のキャンプの時、マンツーマンで担当していたカウンセラーが
次の行動を説明し水筒のコップに一杯のお茶を注ぎ彼に飲んでもらった。
するとこれまで頑なに同じ場所から動かなかった彼が、自分で動いて行動を共にしてくれるようになりました。
その後は準備していたプログラムを全て参加してくれるようになりました。
When he came to camp for 5 times, his counselor explained what they would do next and gave him cup of water. He drunk it. Then, he started participating in Camp by himself. He enjoyed camp activities in the rest of camp.

同じような関わり方は何度も試したが、5年の歳月なのか、カウンセラーと相性が良かったのか、
彼にとってこのキャンプが安心できる居場所になったのか、理由は彼にしかわかりません。
ただこのキャンプを続けた中で彼の心の何かが動いたのは確かで、笑顔が増えたのも確かでした。
I tried similar ways to him before but it didn't work. We don't know what exactly make this improvement happen.It can be because it's 5 years since he started to come to Camp, he was compatible with his counselor...only he knows the answer.
At least we could see something changed in his mind and it made him more smile.

キャンプは色々な人と触れ合い生活ができます。そこで自分を知り、他人を知ることができます。
キャンプってそんな絶好の手段なのです。
Camp allows us to live and communicate with people from different background. We can get to know each other and even ourselves.
Camp gives us such an amazing opportunity.

――――――――――――――――――

プロジェクトも残すところあと3日、来週の火曜日までです。
世界標準時でこのプロジェクトは回っていますので、日本をはじめアジア諸国の方は心配いらないですが、北米の方はご注意を~
This fundraising will ends on Next Tuesday. Only 3 days to go!
This end date is based on GMT, so if you are in North America, this project will end in the afternoon in next Tuesday.

日本にいたとき、「アフリカでキャンプがしたいんです!」というと
サファリでサバイバルでもするの?という反応をよくいただいていました。
残り3日間、少しでもキャンプの力を伝えられたらいいなと思います。
When I told people that I want to do Camp in Africa!', many of them told me ' oh, you want to go to safari for camp. That's so brave!'
I will do my best telling how great impact Camp can cause!

みなさんのご協力でゴールまであと一歩のところまできました。シェア、いいね、コメントありがとうございます。
ドネーションいただいたお金は全額、3月末にCamp Sizananiに参加する際に
彼らのもとに届けます。
Thanks to your support, small step to my goal! I really appreciate your share, like and comment as well.
I will deliver all your donation to Camp Sizanani at the end of March.

Love,
Haruna

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
2 days ago

Update #16

4 Days, 16% Left!

This project will end on next Tuesday in GMT(London Time). I will donate all money you gave me through this project, even if we over reach our goal.

今日は、Camp Sizananiを運営するGlobal Camps Africaの創設者であるフィルから、キャンプを通しての子供たちの変化の話をいただきました。
まず、読んでください。よろしくお願いします。
I get stories from Phil, who is founder of Global Camps Africa. This is talking about how campers changed through Camp Sizanani.
Please read through this story fist.
------------------------------------------

One girl at our day camp told us that she had been woken up early the second day by her older brother. It turned out that this girl, a 23-year old orphan in 11th grade, had been passed around to many family members who had mistreated her badly, finally ending up with a brother who treated her well. She literally hadn’t smiled in 3 years. When the brother saw her return from her first day at camp and saw how happy she was, he woke her up early to make sure she wasn’t late for this activity which brought such happiness to her.

ある女の子が、その日の朝はお兄さんに朝早く起こしてもらったことを教えてくれました。23歳11グレード(通常11グレードは16歳)のその女の子キャンプに参加するのは2回目でした。その話から、彼女は今まで家族のなかで何度も不当な扱いを受け、最終的に今の正当に面倒を見てくれるお兄さんのもとで生活していることがわかりました。彼女は3年間ほとんど笑うことがなかったそうです。彼女が初めてのデイキャンプから帰ってきた日の幸せそうな笑顔を見たお兄さんは、そんな彼女が幸せになれるデイキャンプに遅刻しないように朝早く起こしてくれたのです。

The deputy principal of the school visited one day and asked what kind of special occasion we had orchestrated for him. We said nothing and asked why he thought so. He said the campers were among his most uncooperative students at school and yet they were behaving so well and cooperating so fully.

ある日学校の副校長が訪ねてきて、学校のために子供たちに特別なことを教えたのか聞いてきました。私たちはとくにしてないと答え、なぜそう思ったのかを聞きました。
すると副校長は、学校では全く協力的な態度を示さない生徒が、キャンプに行った後はとても協力的になった話を教えてくれました。

He still didn’t believe us and he pretended to leave, but went to the second floor where he watched the activities without being seen by the campers, his students. We could see him peeking out to observe, undoubtedly confused by the consistent results.

副校長は、私たちが何もしていないことを信じようとせずに、帰るふりをして、子供たちに気づかれずにキャンプの様子が見える2階に登りました。そこから子供たちの様子を見た副校長は、目に入ってきた子供たちのいきいきした様子に驚き、目を見張っていたそうです。

We also had parents visiting day, one of the good features of having a day camp. One father came, he said, because his son, he said, was an outright liar and the father was going to catch his son in the stories the son had been telling about the wonderful things he had been doing at camp. In this case, the father was delighted to find that his son had not been lying.

Camp Sizananiには保護者訪問日があります。あるお父さんは子供からキャンプがいかに楽しかったか、どんなに素晴らしい場所かを以前聞いていましたが、そのお父さんはその話を信じきれていませんでした。しかし、キャンプ訪問を通して子供の話は本当だったと知り、嬉しそうにしていました。

We have faced parental shock at every camp. At residential camp it can be more shocking as the parents do not see the camper each night. One family reported that their son was resentful and uncooperative at home and left home at any mention of helping with tasks and didn’t return till late at night.

どのキャンプでも、保護者は子供の変化に驚きを受けます。
特に宿泊キャンプでは、キャンプ中保護者が夜に子供に会うことがないのでその驚きはより大きいです。
ある家族では、彼らの息子は家で怒りっぽく非協力的でした。ある日は仕事の手伝いをするといって家を出て、夜遅くまで家に帰ってこなかったそうです。

After camp, the mother reported, the son asked for a family meeting. He proceeded to say, “I wanted you all to come together because I haven’t ever told you this. I love you.”

彼のお母さんによると、キャンプのあと彼は家族で話がしたいと言い出しました。そして、「みんなに集まってもらいたかったのは、みんなに「アイラブユー」と伝えたかったからだよ」と彼は言ったのです。

The son now helps at home and is a cooperative member of the family.
その男の子は、今では家の手伝いもするようになり、家の中で協力的になりました。

The message we get from this is that these children, some of whom come to us gangsters, prostitutes, near dropouts without a future, are desperate to find something that will point them in the right direction. We always see the motivation that these campers have to improve themselves and find a better path. Gangsters reform; parolees go straight; prostitutes return to school and become reunited with families. Camp provides for these children what they can’t seem to get from school, family, church, or other institutions.

ギャング、売春婦、将来がみえない落ちこぼれ、こうした子供がCamp Sizananiにきます。彼らは正しい方向に導いてくれる何かを必死に見つけようとしています。私たちはいつも、こうした子供たちは自分を律する機会を得て、より良い道を見つけるべきだと思います。ギャングが更生すること、少年院から社会復帰すること、売春婦が学校に復帰し家族のもとに戻ること。キャンプはこうした恵まれない子供たちに、学校や家庭、教会や他の機関では得ることができないことを教えます。

------------------------------------------------------------------------

キャンプがもたらす、ポジティブな変化は世界共通です。
南アフリカソウェト地区という貧困地区に住む子供たちが直面している問題を感じる瞬間もあります。子供たち一人ひとりの将来が少しでもポジティブになるように、Camp Sizananiではスタッフは全力で子供たちと向き合っています。
Camp changes our life in positive way.
We sometimes see serious situations children living in Soweto, one of the poorest area in South Africa. In Camp Sizanani, every counselors and staffs are there for campers to make camper's future better.

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
4 days ago

Update #15

Thank you for all your support, liking, sharing, commenting and donating! I will keep being enthusiastic for rest of my fundraising days.

キャンプはみんながリーダーになるチャンスがある場所です。
Camp is the place where everyone can be a leader.

私は、リクリエーションゲームを教えるチームの一員として2014年にCamp Sizananiに参加しました。写真はそのチーム(アドベンチャーチーム)のリーダーたちの写真!毎日炎天下の中アクティビティをするので体力的にも大変な日々を一緒に乗り越えた大好きなチームです。
I joined Camp Sizanani in 2014 as one of adventure team and this picture is our team!! We spend hard and fun time under super sunny days. I Love this guys so much.

リクリエーションゲームは、班の仲間とのチームワークが求められるアクティビティです。チームワークを作るためには、リーダーが必要です。班にはかならず、リーダーシップを進んでとってくれる子供がいます。
いくつかリクリエーションゲームを進めていくうちに、「いろんな人がリーダーシップをとるチャンスがもてるように」と子供たちに提案します。そして班の仲間がリーダーシップをとれるように、支えていくこと(フォロワーシップ)もチームワークには大切なんだということを教えます。
Recreation games need team work, then someone has to be a leader. There is at least one camper who has leadership in each cabin.
During activities, we recommended campers to let everyone has chance to be a leader. We also told camper the importance of followership,

これは、子供たちに限らずリーダー・スタッフ同士でも共通しています。
海外のキャンプで働くこと、むしろ自分が育った地元のキャンプ以外のキャンプで働くことが初めてだった私は
リーダーシップをとるよりも、様子を伺ってできることをやろう。。というスタンスでした。
それに加え、以前ナイジェリアで、2歳の子供に、おそらくみたことない肌の色だったからか近づいただけで大泣きされた経験もあり、いきなり外国人である私が注意しても、怖がられるのではないか、もしくはなめられるのではないかと心配していました。
This is common lesson when counselors work together.
When I joined Camp Sizanani in 2014, it was first time for me to work camp in overseas. I have worked camp only for one where I was a camper! So how I worked was that I figured out what is happening and supported what they were doing.
Plus, When I was in Nigeria, a two-year-old girl cries so hard to me because she had never seen my skin color human. I was a counselor but also foreigner. It was first time for them to see Japanese. I worried that campers might be scared of me or not listen to me at all if I I warned them because I am a foreigner.

そんな私をみてチームメイトの提案により、次のグループでメインの仕切りをやることに。英語で、話の運び方や子供たちの発言スタイルが全く日本と違うので戸惑いましたが、チームメイトの助けを借りながらやりきることができました。
My teammate suggested me to take facilitator role in next cabin. I worried about my English the cultural difference how kids discuss and many things but thanks to my teammate support, I could make my facilitator role.

これがきっかけで、アクティビティ中も進んでリーダーシップをとることが増え、子供たちとも大声で日本語であいさつをしたり、全力で子供たちと向き合えるようになりました。
Since then, I could take leadership during activities often, and face campers in true way, with greeting in Japanese in loud!

誰もがリーダーになれるキャンプ。
Camp is the place where anyone can be a leader.

このプロジェクトをサポートしてくれている地元のキャンプ仲間に
なぜキャンプに関わり続けているのか聞くと
「子供たちに、彼らが自分たちが思っている以上にできることがいっぱいあるんだよ、ていうことを伝えたい」という答えが返ってきました。
I asked one of my teammate in Japan why he kept getting involved in Camp. He told me. it's because
He wants to tell campers that they can do/achieve more than they think.

日本でも、南アフリカでも、どこの国でも
キャンプは、自分の可能性はもっと広いんだということを教えてくれる場所です。
ICamp in Japan, South Africa and any countries tells us that we have better potential than we expect.

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
4 days ago

Update #14

カナダに来てから5か月間、セカンドシティトレーニングセンターというところでインプロ(即興劇)を習っていましたが、
今日最後の発表会を終えました。
I have done my improv classes for 5 month in Canada, Second City Training Center!

キャンプとは直接関係ないんですが、興奮冷めやまないので
失礼します。
It is not directly related to Camp, but I enthusiastically want to share my improv story.

Improv,インプロ(即興劇)は日本ではなじみがないですが、
Improvise(即興)の略です。
即興=台本・打ち合わせのない寸劇
お客さんからテーマ・お題をもらって、その場でシーンを作り上げます。
寸劇からロングフォームまでシーンの長さもそれぞれです。
Improv is based on No script ,inspired by audience suggestion. There are short scene to long form.

元々、日本で「キャンプでこどもに教えられられるようになりたい!」と思ったことがきっかけではじめたインプロでした。
I started imrov in Japan because I wanted to teach kids improv in Camp.

それでも、インプロを習っていくうちに
どんどんインプロの深さにはまっていき
今回カナダ・トロントに行こうと思ったひとつの理由でもあります。
I get interested in Improv more and more so now I've taken improv class here in Second City Toronto.

インプロのコンセプトに「Yes, AND!]という言葉があります。
インプロには「こう答えなければいけない」という正解はないはありません。相手が言ったことにYES!賛成して、相手のアイデアに自分のアイデアを足していきます。
One of the improv concept is 'Yes AND'. There is no right answer and you have to Yes toyour partner's idea AND add new own thing based on the idea.

インプロはYES といってくれる環境があるので、母国語や文化が違う私でも
きっと私のアイデアも受け入れてくれるだろうという安心感がありました。
I knew that there will be Yes AND in Canada, so despite difference of language and culture I could jump in.

それでも、初めは相手の言っていることを理解するのに精いっぱい
自分が言っていることが見当はずれのことだったらどうしよう‥と気にしてばかりでした。
However, I tried to understand/listen what my classmate too hard and worried what if I was saying too far thing from a topic, too much.

それでも、今終わってみて思うことは
自分との恐怖感との戦いだったな、ということです。
So my improv lesson was to overcome my fear.

相手のアイデアに合わせるこに精いっぱいになってもじもじしているよりも、
えーいどうにでもなれ!と自分のアイデアをはっきりだすと
自分もシーンを楽しむことができます。
そして、そのアイデアが前後文脈にあっていなくても
とんちんかんな展開になり笑いに繋がったり
パートナーが助けてくれたり、まぁなんとかなるものなのです。
死にません。
I could enjoy scenes when I decided my opinion and showed it clearly, not when I figured out what is happening and adjust to it.
Even if my idea didn't make sense, the mistake cause laugh, classmates helped me and I was not dying.

とにかくどんなシチュエーションでも、自分のアイデアをしっかり決めることで
自分も楽になることを学びました。
I learned, in any situation, I would feel comfortable if I decide and show my idea.
I
これは、なんでかわかりませんが日本語でやってたときには全く気づきませんでした。自分が置かれている状況を把握しやすかったからでしょうか。
I didn't realize this when I did improv in Japan, probably because I could figure out what is happening easily.

キャンプも、失敗もチャレンジも笑って受け入れてくれる場所です。
どんなアイデアも、やってみよう!と言ってくれる場所です。
Camp builds an environment where I can challenge and fail and YES, AND!

これからキャンプで子供たちに出会った時もそんな環境を作っていきたいです。
そして自分を表現することの楽しさを伝えていきます。
I would make YES AND Environment in Camp and tell campers expressing themselves is so fun!

インプロをキャンプで教えることがひとつの目標です。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
5 days ago

Update #13

残り1週間になりました!いつも見ていただきありがとうございます。そして最近シェアをしてくださる方が増えています。感謝です。

これはCamp Sizananiの最初のアクティビティであり恒例行事の1枚。
その名も「高いところから落としても卵が割れなかったチームが勝ち!」
This is a part of traditional first activity in Camp Sizanani, called ' Make Egg cover to protect egg from dropping high place'!( My English boo!)

子供たちは班ごとに、周りで見つけられる草・枝、テープ、ふうせんを使い
卵を10メートルの高さから落としても割れないように包みます。
班の仲間と協力し、各班オリジナルの卵カバーを作ります。
Campers have to make 'Egg Cover' with grass and branch they can find around, and tape and balloon. The cover should prevent egg from being broken by dropping from 10m height.
Each cabin makes their own cover.

ふくらました風船を付けて、卵が落ちる速度を遅くする作戦
とにかく卵の周りに厚い層をつけて、卵が落ちる衝撃を抑える作戦
干し草をどうやってまとめるか、風船をどう使うか。。
班ごとにユニークな作品が出来上がります。
One cabin inflates balloon to make speed slow when it drops,
Other cabin put many grass and branch together to protect an egg.
How to tie up grass, How to use balloon.....
Each Cabin has their own unique egg cover.

写真は各班の卵を落とす時間!!みんなドキドキして見守っています。
このページのトップ画像を横にスワイプしてでてくる
最後の動画でそのときの様子も見れます。
In this picture, Campers pray to make cover work before judging,This picture. You can also see video if you swipe main picture of this website four times.

成功した班、卵が割れてしまった班それぞれですが
どの班も、これから7日間を共に過ごす新しい友達との距離がぐっと縮まるCamp Sizananiの恒例行事です。
Some cabin makes it, the other cannot, but this activity make campers closer at the very first time of camp.

「与えられた条件の中で工夫して、ゴール・目的を達成する」
このように与えられた環境を最大限にうまく活用・工夫して、ゴールを達成しなければならないシーンがキャンプには沢山あります。
子供たちはキャンプの最高な仲間たちと協力しながら、ひとつひとつゴールを達成していきます。
'Achieve goal with a situation you are given.'
This situation happens many times in Camp. Campers can get through this because they have best buddies.

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
6 days ago

Update #12

Sawubona ! This means HELLO in Zool, one of South African languages.
サウボーナ!ズール語(南アフリカの公用語の1つ)でこんにちは!

キャンプに来る子供たちは、たくさんの”はじめて”を体験します。
In Camp Sizanani, Campers experience many things they have never done before.

私が担当したCabinでは、半分以上の子供が水泳は初めての体験。
こどもたちは、1日目はとても怖かったと報告してくれました。
2日目、3日目と進むにつれて自分の力で浮けたり、前に進めるようになったり、飛び込めるようになったり、、どんどん恐怖感を乗り越え、水泳を楽しんでいる様子がうかがえました。
そして最終日はこの笑顔!
In my cabin, more than half of campers didn't have experience of swimming.
They told me, they were so scared at first time, but started to enjoy floating by themselves, moving forward by themselves and jumping into water! They overcame their fears in many ways.
Look at this beautiful smile in last day of camp!

みなさんの印象に残っている初めて体験はなんですか?初めて海外、初めての恋、初めてのビール、初めての仕事、初めての歯医者、初めてのインフルエンザ、初めての、、なにかふと浮かんだ初めてがあったら是非おしえてください!
What is your First Experience? First going abroad, First falling love, First Beer, First job, First dentist, First flu, First.......If something comes up with your mind, I love to hear from you!

いつも読んでいただきありがとうございます。
シェアも大歓迎です!よろしくお願いします!
Thank you for listening to me always! Please share this post with your friends! Thank you very much.

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
7 days ago

Update #10

ドネーションをしようとしたが、郵便番号の入力でエラーが出るというお問い合わせをよくいただきます。
Zip Codeの下に小さくOutside of US?にチェックできる欄があります。そこをチェックしていただくと、国が選べて郵便番号のエラーがなくなります。
I heard some situations that you couldn't enter zip code. Check small box saying 'Outside of US?', which you can see under zip code space.
Then you can choose your country and zip code will be with your country number system.

こんにちは!今日の写真はこどもたちのタレントショーのMCの写真です。
女装はどこの国でも子供たちからオオウケです!
HELLO World! Today's picture is the one of MC in talent show,
Men counselor wearing female clothes is such a common fun thing all over the world.

Camp Sinananiでは子供たちは朝から晩までアクティビティが詰まっています。
日中は年齢で分かれた班別に、シアター・栄養学(調理実習)・スポーツ・水泳・アドベンチャー(リクリエーションゲーム)・アートクラフト・ライフスキル(エイズ予防教育含む)の各アクティビティを回ります。
夜ご飯を食べた後は、キャンプファイヤーやタレントショー、クイズ大会などなど、毎日夜のアクティビティが用意されています。
In Camp Sizanani, schedule is filled with activities from morning to night. In day time, each cabin enjoys theater, nutrition, sports, swimming, adventure, art and craft and life skill including HIV/AIDS prevention. Every night has fun activities as campfire, talent show, quiz competition.....

この写真は、子供たちが歌やダンス、漫才などを披露するタレントショーの時間。
タレントショーでは、お世辞なしに才能にあふれた子供たちの発表を観ることができました。
This picture was taken in Talent show, campers can do sing, dance, comedy and anything! Every performance was impressive and so talented.

ドネーションをしていただいた方には、
キャンプの4日間トレーニングやプログラムの内容を詳しく報告させていただきます!今年のタレントショー、どんな才能を観ることができるのか、私も今から楽しみです♪
I will report what I will happen in Camp Sizanani including counselor's training. I am looking forward to seeing camper's talent show!

今年で15年目を迎えるCamp Sizananiを一緒に体験してみませんか?
お好きな金額でこのキャンプに参加できる仕組みになっています。
よろしくお願いします!!
Let's meet 15th Camp Sizanani. You can choose how much you can donate. Thank you for all your support!

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
8 days ago

Update #9

ドネーション目標金額の50%達成しました!ありがとうございます。これからもアップデートしていきますので、応援よろしくお願いします!
Reach 50% of Goal! Thank you for all your support and enjoy rest of my update!

キャンプ中、キャンプディレクターは子供たちに
沢山の人からの募金のおかげでCamp Sizananiができていること、
そして、Camp Sizananiをサポートしてくれた人たちはみんな
子供たちのことを思っていることを繰り返し伝えます。
During Camp, Camp director always tell that campers, thanks to donors, we can be in Camp Sizanani in this moment and all donors support Camp Sizanani because they care about you.

キャンプで、リーダーたちの1番の仕事は
子供たちが安心してキャンプを楽しめる、安全な環境を作ることです。
キャンプ中も「子供たちのためにここに来たんだよ」という言葉をよく掛け合います。
In Camp, counselors make an environment that campers can feel safe to enjoy Camp activities.
In Sizanani, counselors say each other ' We are here for campers!'

キャンプは子供たちが安全、安心して思いっきり遊べる場所。
これはCamp Sizananiに限らず、日本でも世界どこでも共通していると思います。
私も、日本で初めてキャンプリーダーになった時
リーダーってこんなに大変だったの!やること沢山!と驚きました。
リーダーたちは、キャンプに参加するために、仕事や学校の都合をつけ
リーダーたちを送り出してくれる職場や家族がいて
はじめてキャンプの、安全な思いっきり遊べる環境ができるのです。
Camp has safe environment where campers play with full of their energy,.
This is the fact of every camp in all over the world.
Actually when I became a counselor, I was surprised how hard counselor worked for camp and I couldn't see that as a camper.
Camp counselors and staffs use their time for Camp. Sometimes they sacrifice their school or work to camp.
There is their family and coworkers who support them to going to camp. Without each of them, we cannot make safe camp environment.

キャンプは、キャンプのその場にいるリーダーはもちろん
その場にはいないたくさんの人たちに支えられています。
Camp gets support from not only counselors and staff who is at Camp, but also many people who are not there.

Camp Sizananiは完全にドネーションで成立しています。
Camp Sizananiに参加する子供たちは
アメリカから、日本から、上海から、フィリピンから
自分たちをサポートしてくれる人がいることを、
キャンプの大切な学びの1つとして、彼らの将来の背中を押していきます。
Camp Sizanani is stood by donation.
Sizanani campers will know that people from United States, Japan, Shanghai and Philippine support them. This will be one of the important lesson in Camp, which will encourage each camper's life.

上記であげさせていただいた国は、今までこのサイトを通して
サポートに協力していただいた方が今住んでいる国です!
ありがとうございます。
Countries I mentioned in previous sentence come from where donors in this project live. Thank you for your support!

ゴールまであと半分!みなさんの力でCamo Sizananiを子供たちが思いっきり遊べる、安心の場を作りましょう!
よろしくお願いします。
Half way to achieve Goal! Let's make Camp Sizanani with safe and fun environment together. Thank you! Tanki!

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
11 days ago

Update #8

I have still many Camp stories to share but let me share my Africa story.
まだまだキャンプの話を紹介したいところですが、ここでアフリカの話もさせていただきます。

I stayed Nigeria, my first African country when I was 19 years old, I volunteered for Local NGO, working for people living with HIV/AIDS and youth leadership development.
私のはじめてのアフリカは、19歳の時にナイジェリア渡航でした。HIV/AIDSと共に生きている女性の意識啓発やユースのリーダーシップ育成に働きかけている現地NGOでボランティアをしてました。

Because it was my first trip by myself, I was shocked by Nigerian English accent, totally unique texture Nigerian foods(Now I love it), and unstable water and electricity supply. Beside my culture shocking period, Nigerian coworker and neighbors were always welcome me with big bold smile.
海外に自分1人で行くのもはじめてだった私は、聞きなれない英語のアクセントや初めての食事、日本とは勝手の違う電気や水事情にカルチャーショックを受けましたが、そんな私を、現地の職場の同僚やホームステイ先のご近所さんたちは豪快に笑いながら私を仲間にいれてくれました。

In my apartment, there were 3 sisters, who stayed with their aunt because of their mother's job. The oldest girl, Motsmyhna, always took care of her little 5 years and 2 years old sisters. She told me that her dream was to be a doctor like her mother.
She took care of even me, hand-washing clothes, opening half-broken door . She always told me ' Let me Help You!'
そんな私のナイジェリアステイで印象に残っているのが、お母さんの仕事の都合で叔母さんのもとに預けられた3姉妹です。
当時8歳の1番上の子モツマイナはとてもしっかりもので、5歳と2歳の妹たちの面倒を見ながら、「夢はお母さんのように医者になること」と教えてくれました。とても面倒見がよく、私が洗濯物(手洗い)を始るとき、開けにくい部屋のドアを開けようとしている時、ことあるごとに「手伝ってあげるよ」と寄ってきて私も大変お世話になりました。

Children always talked to me with beautiful smile after my work and played around their house,finding interesting stuff including me everyday. I never seen their parents/guardians took their children to somewhere to have fun because they are so busy with their work.

仕事から帰ってきた私に笑顔いっぱいで寄ってきてくれる子供たちは、毎日家の周りで何かしら面白そうなもの(外国人としての私など・・)を見つけて楽しそうに遊んでいます。しかし、彼らの親は仕事が忙しく、子供たちをどこか遊びに連れていく場面は1度も見ることがありませんでした。

One of the Camp's allure is that children go to remote place from their daily life so the environment makes children feel free to challenge new things and express themselves.
キャンプの魅力の1つは、日常生活から離れた環境に行くことで
普段とは違うことにチャレンジしやすくなる、いつもとは違う自分を表現できることです。

African children from low income family took a role of an adult with house-working and looking after their siblings. ,Camp provides environment far from daily life, where children can play with full energy and have fun with new friends. Children can learn a lot from each moment and This will be precious experience for their life.
普段家の手伝いや兄弟の世話をしながら、毎日楽しく遊んでいる
アフリカの貧困層の子供たちにとって
日常生活から離れた場所で、新しい友達と協力しながら思いっきり遊ぶ7日間のキャンプは、子供たちにとって大きな学びの場であり、大切な思い出になります。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
12 days ago

Update #7

This activity is called 'Trust Tree'. There are some ways to play Trust Tree but in this version, one person lay down on hands of teammate and the teammates carry him/her to the end of the row. Everybody has to be carried.
I have done this game since I was camper and it took long time until I finally fall down to my teammate's arms. I thought I was too heavy to support, I was much heavier than others thought, and I could not get through this forever. My counselors and teammates kept encouraged me and tried to show me how strong they were. I finally decided to trust my teammate and myself, got rid of stress, and just let my body down to their arm.
Every year, I had to get through this fear but I knew my teammate would be there with me and we could do it.
In Camp Sizanani, I witnessed many times that campers encouraged and supported their teammates. The face they overcome their fear was so beautiful.

この写真の中で行われているゲームは「トラストツリー」といいます。トラストツリーには、他にも何通りかやり方がありますが
Camp Sizananiではチームメイトが腕で橋を作り、その上を1人のキャパ―を運んできます。
このトラストツリー、実は私も子供の頃にキャンプで体験しました。当時私は、自分の体重が重いのが嫌で、それを仲間にばれるのもいや、支えられないよ、と思っていました。ながーい間仲間の腕の上に行けないでいると、リーダーやほかの仲間がどんなに彼らが私を支える準備が万端か見せてくれたり、励まし続けてくれました。なので最後には私は仲間と自分を信じて、自分を相手にゆだねることができました。
キャンプに行くと、毎年突破しなければいけない関門でしたが
最後には自分はやり遂げられると信じることができたので、不思議とこのゲームは嫌いではなかったです。毎年時間はかかりましたが。。
Camo Sizananiでも、こどもたちが仲間を励ましたり、サポートしているシーンを何度も見ることができます。怖かったこと、できないと思っていたことをやり遂げたときの子供たちの顔は、活き活きとしています。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
12 days ago

Update #6

In Camp Sizanani, every time before meal, we sing in front of dining hall. Through this energetic training with music, every volchelie get closer and ready for having great camp with children!
Imagine how great the camp will be with this powerful volcheli! Each of them is great role model for children.

Sizananiのご飯は、ダイニングホールの前で歌から始まります。それはトレーニング中も一緒。
私を含め、人見知りやキャンプの勝手がわからないVolcheliたちもこのエネルギー溢れた音楽を通して、エネルギーいっぱいにこどもたちを迎える準備を整えます。
ボルチェリたち一人ひとりが、子供たちにとって素晴らしいロールモデルになります。こんなパワフルなボルチェリたちと過ごす7日間を一人でも多くの子供たちに体験してほしいです。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
13 days ago

Update #5

Update Giving level in the Page! Check what we can do for campers!
ウェブページの募金額の詳細をアップデートしました!キャンパーたちに私たち何ができるのか、是非チェックしてみてください!

The reason why I get involved in Camp Sizanani is that I LOVE CAMP and AFRICA. I love Camp because I've been a camper in Tokyo, Japan since I was 10 years old. I learned a lot from Camp, I can make friends , I can overcome my fear, I can be a leader!
私がCampSizananiにかかわっている理由は、キャンプとアフリカが大好きだからです。私は10歳の頃から東京の地元の子供キャンプに参加していました。私はそのキャンプを通して、「私って友達を作れるんだ」「怖くてできないと思ったことを克服できた」「私ってリーダーになれるんだ!」など様々なことを学んできました。

Especially, When I was in second year of camp, my friend had to cancel camp because she was sick... I had no idea where I could sit in bus, who I could talk to, whether I can enjoy camp...However during camp, many leaders talked to me and I could make friends with my cabin mate! Since then, I know even if I go somewhere by myself, I can find somebody to talk to, have fun together and believe in.
特に、キャンプに参加して2年目に一緒に参加する予定だった友達がキャンプ当日に風邪をひいて参加をキャンセルせざるを得なかった年のキャンプは、今の私に大きな影響を与えています。
一緒に参加するはずの友達がいないキャンプで、私は最初バスでどこに座ったらいいか、だれに話しかけていいか、このキャンプを楽しめるか自信が全くありませんでした。しかしキャンプ中に沢山のリーダーが私に話しかけてくれて、同じテントに泊まった年の近い子たちもとても仲良くなることができました。
この経験を通して、私は知らない場所に1人で行ったとしても、その先にはかならず人がいて、その人たちと話したり、一緒にその場を楽しむことができること。信頼する人を見つけることができることを学びました。

This experience has brought me many place, including African countries!
私がアフリカの国をはじめ様々な場所を旅できるのは、このキャンプでの経験のおかげなのです。

I want children to have such a experience through camp and see wide world.
私はキャンプを通して、子供たちにそんなことを気づいてもらいたいと思い、今でもキャンプにかかわり続けています。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
15 days ago

Update #4

Me and Volchelies!
Volcheli means counselor in Camp Sizanani. Some of them were Campers !
Volchelie come to Camp SIzanani as Work. They get paid by Sizanani.
Many Volchelies work for NGO related with children. NGO send their workers to Camp Sizanani because Sizanani provides high quality training and Sizanani pays for volchelies during camp!

Sizananiではキャンパーのことを「ボルチェリ」と呼びます。ボルチェリたちととってキャンプが短期のしごとです。普段はこども関係のNGOで働いているボルチェリも多いですが、現地NGOはSizananiのスタッフトレーニングの質の高さに賛同してSizananiにスタッフを送り込みます。キャンプの期間中は、Sizananiがボルチェリ(スタッフ)にお給料を払うので、Sizananiの活動は現地NGOの支援にも繋がっています。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
16 days ago

Update #3

raining! Volcheli ( counselor) take 4 days training before campers come. We play games and share what we learn.
子供達が来る前に、カウンセラーは4日間のトレーニングを受けます。実際にキャンプで使うゲームを実践し、何を学べるかをシェアします。
写真は目を隠した状態で、どのくらい高くまで持ち上げられいるか感じるゲーム。持ち上げている仲間を信じること、思ったより高く上がっていて目を開けたままでは怖くてここまであがれなかった~等の感想がありました。

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or

Haruna Komatsu posted a new update:
17 days ago

Update #2

~Training~
Camp Sizanani begins at parking lot in Bara Mall , Soweto.. Wherever you are from, you have to be there at 8;30 morning.

I took taxi from B&B and found people gathering in one spot. When the time came, we got to a cuss and Camp Sizanani begun with big energy.
https://youtu.be/ADmtI7qj94k

Join the Conversation

Sign in with your Facebook account or